日本乳幼児教育学会 第29回大会 トップへ

日本乳幼児教育学会 第29回大会

「いまこそ考える、本当に大切なことは何か」

会期
2019年12月7日(土)~ 8日(日)
12月6日(金) 10:00~12:00 公開保育 東北文教大学付属幼稚園
会場
東北文教大学短期大学部  〒990-2316 山形県山形市片谷地515

ご挨拶

令和時代の乳幼児教育を問う

 日本乳幼児教育学会第29回大会を2019年(令和元年)12月7日(土)・8日(日)に「令和時代の乳幼児教育を問う」をテーマに、蔵王連峰の麓、山形市にあります東北文教大学において開催いたします。平成30年4月に新しい『幼稚園教育要領』『保育所保育指針』『幼保 連携型認定こども園教育・保育要領』が施行され、今年5月1日には元号が平成から令和となり、日本の新時代を迎えました。現代社会は、人工知能の急速な発展や、地方の時代と言われながらも都市部との格差がみられるなど、社会の実情の変化と共に価値観が多様化しています。この社会変化に伴い人の営みも進展の流れにあり、時代の流れに即応できる人材の育成は、乳幼児教育に携わる者にとっての責務であります。これらの点を踏まえながら、第29回大会では、令和時代の乳幼児教育の本質を改めて問い直すための議論を深めていきたいと考えます。多くの会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日本乳幼児教育学会第29回大会
実行委員長:奥山 優佳(東北文教大学短期大学部)